TOP>Vivienda Style>開発の背景

(有)土屋組 Vivienda Style

コンセプトハウスの開発の背景
本当にお客様が望む住宅を建てることを目的に商品開発しました。
住宅業界の技術革新は目覚ましいものがあり「200年住宅」という言葉が流行して早6年、住宅業界に長期優良住宅という考えが根付きました。2011年の震災後、耐震性はもちろんエネルギーの考え方にも大きな変化があり、さらに注目されているのが太陽光発電システムやエネファームなどの設備を導入した住宅です。自宅でエネルギーをつくりダイレクトに使える住宅に対してスマートハウスや創エネなどの言葉が生まれました。また震災後に変化したのは住宅業界だけでなく、お客様の価値観が大きく変化しました。
(有)土屋組 Vivienda Style 開発の背景 家に求めるのは
安らかな時間であり
ゆとりある暮らしを実現する場所
それはお客様の家族構成、ライフスタイル、住宅を取得する動機などニーズの多様化です。一方的な売り手本意の価値を押し付ける情報が蔓延することで、情報量が増えたにも関わらず選択が困難になっています。そこで私たちは時代の流れに順応しながら、皆様が分かりやすく適切に住まい選びを行える商品の開発を今まで培ってきた経験を活かし行いました。それは家族の絆や繋がりや思いやりといったコミュニケーションを大切にした住まいであったり、環境に優しく美しいコンパクトで手頃な住まいであったりと、多種多様のコンセプトから生まれた商品です。

(有)土屋組 Vivienda Style 開発の背景 「こんな家が欲しい」
生の声を集めました。
よく「お客様の目線に立って」、「お客様第一主義」という言葉を耳にしますが、本当にお客様が「これだ!!」と心から思える住まいはそうは多くないと思います。今回、発表する新商品はまさしくお客様の声から生まれたと言っても過言ではありません。住宅取得層と言われる方からアンケート調査にご協力いただき、今求められている住宅の要素を抽出しました。住み心地を徹底的にリサーチすることで、決してデザイン重視ではない、機能や性能も充実しながらも魅力溢れる商品となりました。

(有)土屋組 Vivienda Style


(有)土屋組 Vivienda Style コンセプトハウス各種 (有)土屋組 Vivienda Style 設計・仕様ルール



TOP>Vivienda Style>開発の背景
お問い合わせページへ